大輔べ

登山・写真・チェンマイ・台湾が好きな「たしろだいすけ」のブログ

2013年12月のチェンマイ旅行で利用したネット環境

2013年12月5日から11日の7日間、「タイ」の「チェンマイ」へ旅行してきました。この記事ではその時に利用したネット環境について、まとめておきます。

ネットに接続した機器

  • iPhone 5(ソフトバンク)
  • iPad mini(Wi-Fiモデル)
  • Mac Book Pro

iPhone 5は通話用として「TH GSM」へ接続させていましたが、Wi-Fi環境でしかネットに接続しないので、モバイルデータ通信はオフにしていました。

ホテルのWi-Fi

チェンマイでは「ROYAL PRINCESS CHIANG MAI」と「AMORA TAPAE」に三泊ずつしました。両ホテルとも、Wi-Fi接続サービスは無料でした。

ちなみに、ホテルでのWi-Fiは、Mac Book Proからのみ利用しました。

通信速度は測定していませんが、ブラウザで調べ物をする程度であれば、不満を感じることはありませんでした。また、室内で使用しても、電波が弱いと感じることもありませんでした。

ただし、しばらくネットを使わないと切断されますし、PCを起動した直後は、ホテルのWi-Fiネットワークへ手動で接続する必要があり、その点はちょっと面倒でした。

AMORA TAPAEでの接続方法

まず、ネットワークを探し、選択します。

すると、下記のような画面が開きます。

AMORA TAPAEのWi-Fiへのログインウィンドウ

ここに正しいIDとパスワードを入力すれば、接続できます。

「ROYAL PRINCESS CHIANG MAI」でも同様でした。

街中の無料Wi-Fi

Thamel CoffeeのFree Wi-Fi

チェンマイでは、カフェや、レストラン、またマッサージ屋さんなどで、無料Wi-Fiが用意されていました。

大体のお店では、壁などに、Free Wi-Fiの表記があり、そこにパスワードが書かれていますので、簡単に接続できます。

これはかなり便利でした。

レンタルWi-Fiルーター

テレコムスクエアのWi-Fiルーター

日本で「テレコムスクエア」のWi-Fiルーターを借り、タイでは大体これでネットに接続していました。

羽田空港での、Wi-Fiルーター受け渡しの時の説明では、「日本と比較すると速度に不満を感じるかもしれません。」と言われましたが、現地でほとんど不満を感じることはありませんでした。

エリアに関しても、観光スポットで圏外ということはありませんでしたし、ミャンマーとの国境の街「メーサイ」でも問題なく接続できました。

ただし、車での移動時に、周りに家などがない場所では、2G表示となり、データ通信ができないことはありました。また、街中でしたが、「サタデー・ストリート・ウォーキング」を散策している時も、2G表示でデータ通信ができませんでした。

ちなみに、「テレコムスクエア」の利用代金は8日で5,600円(1日あたり700円。実際には5日からの利用でしたが、受け取りが4日でしたので、8日間の利用代金が発生しました)。ソフトバンクの海外パケットし放題と比較するとかなり安いです。

スワンナプーム国際空港の無料Wi-Fi

スワンナプーム国際空港のインフォメーション・センター

スワンナプーム国際空港の、国内線コンコースで利用しました。

スワンナプーム国際空港の無料Wi-Fiのユーザーネームとパスワード

インフォメーションカウンターでアクセス用のユーザーネームとパスワードが書かれた紙をもらい、接続します。

接続が切れると、その都度ユーザーネームとパスワードを入力する必要があり、それがめんどくさかったので、結局ほとんど使いませんでした。

また、コンコースにあるフードコート内のマクドナルドの無料Wi-Fiも利用しましたが、上記と同じ理由で、ほとんど使いませんでした。

まとめ

チェンマイのネット環境は、想像していたよりも、かなりよかったです。エリア、速度ともに不満を感じることはほぼありませんでした。

また、街中の無料Wi-Fiがかなり充実していますので、常時接続を求めないのであれば、Wi-Fiルーターを借りていく必要や、海外パケットし放題を利用する必要もないと思います。