大輔べ

登山・写真・チェンマイ・台湾が好きな「たしろだいすけ」のブログ

会津駒ヶ岳の山頂付近には素晴らしい湿原が広がっていました!

天候に泣かされ続け、8月は山に登れず、気がつけば9月半ば。3連休はどうやら天気が良さそうなので、「テント泊でどこかに登ろうかな」と、いろいろな山行きを計画しました。ですが、大混雑が心配だったので、結局は「会津駒ヶ岳(2,133m)」を日帰りで登ってきました。

登山日

2014年9月14日(日)

登山ルート&コースタイム

滝沢登山口からのピストン

歩行時間:5時間10分(登り:2時間55分 下り:2時間15分 ※休憩時間含む)
滝沢登山口(7:45)→水場(8:50)→駒の小屋(10:00)→会津駒ヶ岳山頂(10:40)→駒の小屋(11:10)→水場(12:00)→滝沢登山口(12:55)

登山記録

滝沢登山口の階段を登ったところから始まる登山道。いきなりの急登に、心臓はバクバク。完全になまっていた体にはきつかった!

また、ところどころぬかるんでいた箇所があり、下山時に一度、滑って転びました。

水場を過ぎると、木道や階段がでてきます。そして、この階段の段差もきつかった!

そして、登山口から約2時間程度登り、目の前に湿原が広がりました。

会津駒ヶ岳の湿原

会津駒ヶ岳の湿原

会津駒ヶ岳の湿原

あいにくあたり一面ガスでしたので、今回は山頂まで行かず、駒の小屋で戻ろうかなと思っていたのですが…。

会津駒ヶ岳

駒の小屋と池塘

急に晴れ間が広がりました。ということで、山頂を目指すことに。

会津駒ヶ岳の山頂

しかし、山頂へ着くとあたり一面ガス。記念撮影をして、すぐ後にしました。

会津駒ヶ岳の湿原

会津駒ヶ岳の湿原

湿原は少しずつ葉が色づき始めていましたが、草紅葉本番はまだまだ先ですね。

会津駒ヶ岳の湿原

駒の小屋の周りは、多くの登山客で賑わっていました。天気が良ければ、ゆっくりとコーヒーでも飲みながら、ぼーっと景色を見ていたかったのですが、今回はすぐに下山しました。

会津駒ヶ岳


日本百名山の一覧と登山記録


山に登るときは地図を忘れずに!「会津駒ヶ岳」は「山と高原地図14 尾瀬 燧ヶ岳・至仏山」に収録されています。