大輔べ

登山・写真・チェンマイ・台湾が好きな「たしろだいすけ」のブログ

初めての西穂高岳登山は独標まででも大満足でした

西穂高岳独標

梅雨の貴重の晴れ間に、西穂高岳独標まで行ってきました。

登山日

2016年6月18日

登山ルート&コースタイム

歩行時間:5時間45分(休憩など含む)
新穂高ロープウェイ西穂高口駅(9:15)→西穂山荘(10:15)→丸山(10:45)→独標(11:45)→丸山(13:00)→西穂山荘(14:00)→新穂高ロープウェイ西穂高口駅(15:00)

登山記録

西穂山荘までは虫と暑さとの戦い

新穂高ロープウェイ西穂高口駅から西穂山荘までは、とにかく羽虫が多かったです。何度も目や口、耳に入ってきました。帽子に虫除けネットを付けている方もちらほらいたほどです。

また、予想よりもかなり暑く、2000m以上の場所にいる感じがしませんでした(風が通る場所や、日陰はひんやりしていましたが)。

そのような状況の中、ほぼ登りっぱなしで、しかも眺望もほとんどなかったので、結構きつかったです。

西穂山荘への登山道

西穂山荘への登山道

西穂高岳

西穂山荘

独標までの素晴らしい稜線歩き

西穂山荘からの登り

西穂山荘で少し休憩し、独標に向かいました。まずは西穂山荘からの最初の登りがしんどかったです。

西穂高岳への稜線

しばらくすると、やっと目の前に西穂高岳が見えました。素晴らしい景色にテンション上がりましたが、まだまだ目的の独標は先…。

西穂高岳への稜線

丸山の先には、ガレ場の急登。

丸山の先のガレ場

この辺りから雲が広がりはじめ、このまま青空が隠れてしまうのではないかと心配になりました。少しでも早く独標に着きたいたいところですが、足取りは重い!

西穂高岳独標

大分独標が近くなり、人がたくさんいることと、これから登る岩場の険しさがわかり、ちょっとドキドキ。

西穂独標への登り

独標までの登りは、遠くで感じたほどの険しさはありませんでした。慎重に登り、無事到着!

独標からの最高の景色

独標からの西穂高岳

独標へ着くと、意外と雲は広がっておらず、素晴らしい景色が目の前に。あこがれの西穂から奥穂へと続く稜線に興奮!

独標からの眺め

奥穂から吊尾根、前穂。右下には岳沢小屋が見えました。

独標からの焼岳

振り返ると、ここまで歩いてきた道がずっと先まで伸びていて、先には焼岳、そして乗鞍岳が。

360度、どこを見ても素晴らしい景色が独標にはありました。

西穂高岳

独標から少し下り振り返ると、青空と独標の組み合わせ。ここからしばらくは、少し歩いては、振り返っての繰り返し。いつまでもこの景色を見ていたかった!

西穂高岳

最後は西穂ラーメン

西穂山荘のみそラーメン

西穂山荘まで戻り、ずっと食べたかった名物の「西穂ラーメン」を食べました。評判通りで、疲れた体には最高の回復アイテムでした。

【山小屋の食事/第三回】西穂山荘のみそラーメン

食後はお腹一杯で動きたくありませんでしたが、ロープウェイの時間もあるので、ゆっくりしているわけにも行かず、重い腰をあげて下山。登り同様、羽虫と暑さ、それと疲れとの戦いでした。


山に登るときは地図を忘れずに!「西穂高岳独標」は「山と高原地図 槍ヶ岳・穂高岳 上高地」に収録されています。