大輔べ

登山・写真・チェンマイ・台湾が好きな「たしろだいすけ」のブログ

Coda 2にプラグインを追加して、アルファベットの大文字と小文字を変換できるようにした

Coda 2のエディタで、アルファベットを大文字から小文字へ、またその逆に、小文字から大文字へ変換できなくて、イライラしているそこのあなた!今回はそんなあなたのために、「Manipulate Coda」というプラグインを紹介します。このプラグインをインストールすれば、イライラが吹っ飛ぶことは間違いなし!

Manipulate CodaのManipulate Caseをインストール

「Manipulate Coda」は、7つのプラグインで構成されていますが、今回はアルファベットの大文字・小文字の変換が目的なので、「Manipulate Case」のみをインストールします。

インストールは下記サイトからプラグインをダウンロードし、「Manipulate Case」をダブルクリックすれば完了。これで、Codaにインストールされました。

参考サイト Manipulate Coda — A text manipulation plug-in suite for Panic’s Coda — justin hileman dot info

Manipulate Caseの使い方

まずは、エディタで大文字、または小文字に変換したい文字を選択します。

次に、メニューバーのプラグインから、Manipulate、Caseの順に選びます。そして、大文字に変換するのであれば「Invert Case」を、小文字に変換するのであれば「Lower Case」を選びます。すると、大文字は小文字へ、小文字は大文字へ変換されます。

また、メニューバーからではなく、コンテキストメニューからもプラグインを選び、変換することが可能です。


いや〜、このプラグインにはもっと早く出会いたかった!


参考サイト a whole new world — 【Coda 2】Manipulate Codaという凄い便利なプラグインを紹介します!