大輔べ

登山・写真・チェンマイ・台湾が好きな「たしろだいすけ」のブログ

チャーハンとカツカレーが出会ったらこうなった!カレー屋ジョニー 代々木店でチャーハンカツカレーを食った!

「今日はカツカレーを食べたい!いやいや、チャーハンだ!」。
そんなテンションでお腹が空いたときにおすすめなのが「カレー屋ジョニー 代々木店」。

なんと「カレー屋ジョニー 代々木店」には、カツカレーのご飯の部分がチャーハンになっている「チャーハンカツカレー」があるのです。

カレーとチャーハンを一緒に食べるとどんな味になるのか?
カレーモードでもチャーハンモードでもありませんでしたが、ついついお店へと入ってしまいました。

「チャーハンカツカレー」実食レビュー

カウンター席で待つこと数分。「チャーハンカツカレー」との対面。

まん丸お皿の半分以上をルーが占め、カツにチャーハンにキャベツ。

ちょっと薄い色付きでしたが、白米ではなく、たしかにチャーハンです。

カツカレーに千切りキャベツの組み合わせから、ドロドロルーの「金沢カレー」をイメージしましたが、さらさらルーでした。

では、いただだきます!

一口目はなんとなくチャーハンとカレーがわかりました。
ですが、二口、三口と食べていくと口の中はカレーの香りや辛さでいっぱいになり、チャーハンの味はほとんどわかりませんでした。カレーとチャーハンを分けて食べればかろうじてチャーハンとわかりましたが…。

カツは揚げたてでサクサク。
薄めのカツでしたが、大きさ的にはちょうどよかったです。衣はちょっと厚めかな。

さて、チャーハンカツカレーですが、結局カレーがチャーハンの味を消してしまうので、一緒に食べる必要があるのかな?と感じました。

「二兎を追う者は一兎をも得ず」。
カレーかチャーハンで悩んだら、どちらか一種を選ぶことをオススメします。

でも、なんとなくまた食べてしまいそうな気がしてます。

ごちそうさまでした!