大輔べ

登山・写真・チェンマイ・台湾が好きな「たしろだいすけ」のブログ

安田屋で「わらじカツ丼」を食べた!ごはんを覆い隠すほどのカツ2枚を楽々完食!

安田屋のわらじカツ丼

埼玉県秩父で人気の丼と言えば、「わらじカツ丼」と「豚みそ丼」。今回はその「わらじカツ丼」を「安田屋」で食べてきました!

ちなみに、豚みそ丼は「野さか」で、1年位前に食べました!

秩父名物「豚みそ丼」を「野さか」で食べた!開店前から多くの人が待ってました!

秩父のわらじカツ丼とは

「秩父わらじかつ丼」は地元で愛される秩父の名物グルメで、秘伝のたれで味付けされた大きなカツが2枚のっているカツ丼。一足の「わらじ」をイメージした2枚のカツからその名前が付けられている。上のかつを丼のフタに乗せておいて、二枚目から食べ始めるのが正しい食べ方だが、二枚のカツは好きなようにいただこう。

via B級グルメ特集 | Smart Access

大きなカツは2枚!甘めのタレはカツとごはんにしっかりと染みこんでました!

安田屋のわらじカツ丼

こちらが安田屋の「わらじカツ丼(850円)」。カツ2枚入りです。

ごはんの上には、甘いタレがたっぷりと染み込んだカツが2枚のっただけの、とてもシンプルな丼。かなり大きなカツなので、2枚も食べられるか心配になりますが、大丈夫!だって、かなり薄いカツですから!

まずは、カツをくわえて、一口分くらい噛み切り、そのまま口の中へ。そして、すぐさまごはんを頬張る!もう、止まりません!三枚丼でもよかったな〜。

ごちそうさまでした!

そうそう、安田屋はメニューもわらじカツ丼のようにシンプルで、カツの枚数が異なるだけの「わらじカツ丼」しかありませんでした。

安田屋