大輔べ

登山・写真・チェンマイ・台湾が好きな「たしろだいすけ」のブログ

OS X Mavericksにmcryptをいれたときの作業メモ

MacにComposerでCekePHPをインストールしていたら、mcryptが入ってないからダメだよ!って言われたので、mcryptをインストールしました。
ということで、そのときの作業をメモ。

mcryptのインストール

まずは、ターミナルアプリを立ち上げ、mcryptをインストール(Homebrewをインストールしている必要があります)。

$ brew install mcrypt

続いて、インストールされているPHPのバージョンをチェックします。

$ php -v
PHP 5.4.24 (cli) (built: Jan 19 2014 21:32:15)
Copyright (c) 1997-2013 The PHP Group
Zend Engine v2.4.0, Copyright (c) 1998-2013 Zend Technologies

インストールされているPHPのバージョンがわかったら、下記サイトから同じバージョンのソースをダウンロードし、展開します。

参考サイト PHP: Releases

ターミナルアプリで、展開したディレクトリ内にあるmcryptまで移動し、インストールを実行します(今回はユーザーのダウンロードフォルダで展開しています)。

$ cd /Users/ユーザー名/Downloads/php-5.4.24/ext/mcrypt
$ sudo phpize
$ ./configure
$ make
$ sudo make install

さて、作業完了まではもうひと踏ん張り。次にphp.iniを編集します。

$ cd /etc
$ sudo cp php.ini.default php.ini
$ sudo vi php.ini

1845行目付近にある[mcrypt]の箇所を下記のように修正。

extension = mcrypt.so

※viで行を表示する場合は、:set numberを、指定行に移動する場合は:1845(数字は移動したい行数)を入力。

Apacheを再起動したら完了です。

$ sudo apachectl restart

この後、Composerで無事CekePHPをインストールすることができました。


参考サイト MacでCakePHP3のインストール時にmcryptが入ってないって怒られたからその時のメモ
参考サイト Mavericks(Mac OS 10.9)phpMyAdminのインストール | SlackHack