大輔べ

登山・写真・チェンマイ・台湾が好きな「たしろだいすけ」のブログ

WordPressの固定ページでカテゴリー一覧を表示する方法

久々に「吉そば」で「かき揚げ丼セット」を食べました。もちろん「そば」は大盛りです。たしろだいすけ([my_twitter])でございます。


WordPressでカテゴリー一覧を表示する固定ページを、テンプレートタグwp_list_categories()を使って作成しました。方法は他にもいろいろとあるかと思いますが、今回はその方法を紹介します。

表示する内容

  • カテゴリー名
  • 投稿数
  • カテゴリーページヘのリンク

固定ページを作る

まずはカテゴリー一覧を表示するための固定ページを作ります。

パーマリンクは日本語ではなく、英数字に変更し、スラッグ名をメモしておいてください。今回は「category-list」というスラッグ名で進めていきます。本文は入力する必要はありません。

テンプレートを作る

次に、先ほど作ったページ専用のテンプレートを作成します。ファイル名は「page-category-list.php」としてください。

そのファイルを開き、

<p><?php wp_list_categories('style=none&show_count=1&title_li='); ?></p>

と記述します。

今回はstyle=none(カテゴリーごとに<br>で区切る)、show_count=1(各カテゴリーに投稿数を表示する)、title_li=(見出しとして表示される「カテゴリー」を表示しないようにする)という3つの値をパラメータにセットしました。

上記パラメータ以外にも、表示順を変えたりと様々なパラメータが用意されていますので、詳しくは「テンプレートタグ/wp list categories – WordPress Codex 日本語版」で確認してください。

また、ヘッダーやフッターのインクルードなども各自の環境に合わせて記述してください。

ファイルをアップロードする

保存したテンプレートファイル「page-category-list.php」を、テーマディレクトリ内の、使用しているテーマのディレクトリへアップロードします。

/wp-content/themes/テーマディレクトリ/page-category-list.php

表示の確認

作成した固定ページを表示し、カテゴリー一覧が表示されれば完了です。