大輔べ

登山・写真・チェンマイ・台湾が好きな「たしろだいすけ」のブログ

台湾飯の魯肉飯は、専門店もあるけれど、メインではなくサブなんです!

魯肉飯

台湾の飲食店へ入ると、メニューに「魯肉飯(ルーローファン)」という文字をよく見かけます。文字からだと、「牛丼」や「豚丼」などのようなものが想像されますよね。

たしかに、ご飯の上にお肉が乗っているという点ではあっているのですが、ちょっと違う点があります。それは、器が「丼」ではなく「お茶碗」ってこと。つまり、小さいのです!

魯肉飯とは

バラ肉など脂身を多く含んだ豚肉を細切れにし、台湾醤油、米酒 (米で作られた酒)、砂糖、油葱酥 (揚げた赤ねぎ) で作った甘辛い煮汁で煮込み、煮汁ごと白米の上に掛けた丼物である。器は丼より小ぶりな茶碗で供される。日本の牛丼や親子丼のような単品で食べる丼物ではなく、他の料理と共に食べることが前提の料理だからである。台湾では庶民から親しまれてほとんどの定食屋、食堂で見ることができる料理である。

via 魯肉飯 – Wikipedia

それでは、実際に台湾で食べた「魯肉飯」を紹介します。ちなみに、魯肉飯以外のメニューもありましたが、すべて店名に魯肉飯が入る専門店です。

三元號

三元號の魯肉飯

寧夏夜市のすぐ近くにある「三元號」の「魯肉飯」。創業90年の老舗の味は求めていたクセのある味でした!

創業90年の老舗!三元號の魯肉飯と魚翅肉羹を食べた!コスパ高いよ!

▲ 目次へ

大來小館

大來小館の滷肉飯

永康街にある「大來小館」の「滷肉飯」。クセがないのでとても食べやすいのですが、物足りなく感じる人もいるでしょう。魯肉飯デビューにはおすすめです。

永康街にある大來小館の滷肉飯はクセのない味でした

▲ 目次へ

金峰魯肉飯

金峰魯肉飯

中正紀念堂の近くにある「金峰魯肉飯」。様々なガイドブックやテレビなどで紹介されている、有名なお店です。

金峰魯肉飯のメニュー兼オーダー表

注文はテーブルに置いてあるメニュー兼オーダー表の、食べたいものの横に数を書いて、店員さんに渡します。

金峰魯肉飯の魯肉飯

トロトロに煮こまれた豚肉が食欲をそそります。今回は中だったのですが、大、いや、特大(ありませんが)で食べたい!さすが人気店、おいしかったでした。

▲ 目次へ

鬍鬚張魯肉飯

鬍鬚張魯肉飯

続いて紹介するのは「鬍鬚張魯肉飯」。台北に何店舗もある魯肉飯のチェーン店です。髭のおじさんのマークが目印。

こちらはチェーン店だけあって、カラーのメニューがあり、指差しで店員さんに注文しました。

鬍鬚張魯肉飯の魯肉飯

普通のお茶碗よりも少し小さいサイズで、やはり、他の料理と一緒に食べないと足りないですね。今回は、小腹を満たす目的だったのでよかったですが。

▲ 目次へ

丼で食べたい!

う〜ん、魯肉飯はお茶碗でなく、丼で食べたい!サブなんてもったいない!