大輔べ

登山・写真・チェンマイ・台湾が好きな「たしろだいすけ」のブログ

ハローキティジェット(羽田〜松山往復/エコノミークラス利用)の機内食にはキティちゃんがたくさんいるよ!

2014年7月2日から5日の三泊四日で、「台湾」を旅行してきました。この記事ではその旅行で利用した「エバー航空」の「ハローキティジェット」で食べた「機内食」を紹介します。

なお、利用路線は「東京(羽田空港)〜台北(松山空港)」往復になります。

往路「BR189」の機内食

往路は、羽田空港を10:50(日本時間)に発ち、松山空港に13:30(台湾時間)に着く、エバー航空の「BR189」便。扱いは昼食といったところでしょうか。「肉」か「魚」からの選択で、今回は「肉」を選びました。

ハローキティジェットBR189の機内食

離陸後しばらくしてから、機内食が運ばれてきました。まず、真っ先に目に入ってきたのはやはり「キティちゃん」。はし袋に、ナプキン、カトラリーなどなど。とにかく、キティちゃんだらけ(今回は「はし」しか使わなかったので、カトラリーは持ち帰りました)。

ハローキティジェットBR189の機内食

高野豆腐にもキティちゃん。

ハローキティジェットBR189の機内食

そして、デザートにもキティちゃん。

こんなかわいい機内食を、これから台北で大きな商談をするビジネスマンや、台北にムフフなことをしにいくおっさん連中(想像ですよ!)が、食べているわけですよ。「かわいくて食べられない〜」とか心のなかでつぶやきながら…。

さて、味に関してですが、「可もなく不可もなく」といった感じでした。ま、こんなもんでしょう。

復路「BR192」の機内食

復路は、松山空港を7:45(台湾時間)に発ち、羽田空港に11:45(日本時間)に着く、エバー航空の「BR192」便。ボリューム満点でしたが、扱いは朝食といったところでしょうか。「肉」か「卵」からの選択で、今回は「肉」を選びました。

ハローキティジェットBR192の機内食

往路同様、キティちゃんだらけの機内食。

ハローキティジェットBR192の機内食

ちょっとブサイクですが、かまぼこキティちゃん。

ハローキティジェットBR192の機内食

そして、芸が細かい!にんじんがキティちゃんのリボンの形です!

さて、味に関してですが、これまた往路同様、「可もなく不可もなく」といった感じでした。

そうそう、メインの付け合わせの「にんじん」と、「いんげん」がかなり多かった!それと、ヨーグルトの蓋をあけるときに、ちょっと吹き出しました!開けるときは、お気をつけください。なみなみと入っていたからか、それとも気圧の関係だったのかな?


食後にコーヒーをお願いすると、スティックシュガーもキティちゃんでした(写真にはありませんが、マドラーも)。機内食に付いてくる、紙ナプキン、ウエットティッシュ、歯間ブラシと並べてみました。かわいいですね。


ハローキティジェットには、2015年7月31日から8月2日の台湾旅行でも乗りました。そのときの機内食も紹介します。

往路「BR189」機内食

ハローキティジェットBR192の機内食

CAさんが「お弁当おいしいよ〜」とおすすめするので、お弁当を選択しました。

たしかにおいしかったのですが、かなり冷たかった点と、キティちゃん感がまったくなかった点がマイナスポイントかな。

シソの入ったかまぼこのようなものと、マス寿司が気に入りました!

復路「BR190」の機内食

ハローキティジェットBR190の機内食

「豚」か「鳥」かの選択で、「豚」を選んだのですが、「豚」がメインというよりも、完全に焼きそば弁当!!焼きそば弁当と言えば、タイ国際航空での悪夢が蘇りました…。

2013年12月のチェンマイ旅行で食べたもののまとめ(機内食編)

往路とは違い、かろうじてリボンでキティちゃん風でしたが、なんとなくがっかりしてしまった機内食でした。

ですが、念願の「アイス」付きでしたので、プラマイゼロですかね。

ハローキティジェットBR190の機内食のアイス

ハローキティジェットBR190の機内食のアイス

アイスを先に食べないと溶けちゃうかなと心配でしたが、食後にちょうどよい柔らかさになっていました。出された直後では、かなりカチンコチンなだったのかな。

キティちゃんのスプーンは短いので、普通のスプーンで食べることをおすすめします。


ごちそうさまでした!