大輔べ

登山・写真・チェンマイ・台湾が好きな「たしろだいすけ」のブログ

松屋の「山形だしとろろ牛めし」を食べた!もう少し山形のだしが欲しかった!

山形だしとろろ牛めし

松屋の「山形だしとろろ牛めし」を食べました。

以前食べた「夏野菜山形のだし牛めし」がかなり好印象だったので期待していたのですが、ちょっと期待値が高すぎたのか、想像とかなり違う味…。

今回はこの二商品を比較するような感じの記事を書いてみます。

山形だしとろろ牛めし

「山形だしとろろ牛めし」は「夏野菜山形のだし牛めし」と同じように牛肉とトッピング(山形のだし+とろろ)が半々で盛られています(トッピングの下に肉はありませんでした)。前回は牛肉が少なく感じましたが、今回は「お肉は牛めしと同量です」と店内のPOPなどでアピールされていたので、たぶん少なくはないと思うのですが…。ま、ぐちゃぐちゃに混ぜて食べるつもりですので、気にしない!気にしない!

トッピングはとろろがある分、たぶん山形のだしが少ないです。このだしはほどよい酸っぱさで、前回同様食欲をそそります!

山形だしとろろ牛めし

さて、具とご飯を混ぜ、いただきまーす!

あれ?なんだか、前回のようなほどよい酸っぱさによるさっぱり感がありません。むしろ、とろろの粘りがなんだか重さを感じさせます。

そしてどうやら、山形のだしが少ないことによってしょっぱさが足りず、想像していた味とかなり違いました。なんとか変化を求め、醤油をたらしてみたり、紅生姜をいれてみたり…。

残念ながら最後まで想像していたような味にはなりませんでした。

ごちそうさまでした!


今回は前回からの期待で食べたからこのように感じたのかもしれません。味の想像などせずに食べたならば、まったく違った感想になったかもしれませんので、機会があればもう一度食べてみたいと思います。

山形だしとろろ牛めしとは

「山形だしとろろ牛めし」は、きゅうり、なす、みょうが、ねぎ、青しそ、昆布などを細かくきざみ、醤油などであえた「山形のだし」と、夏バテ防止には欠かせない「とろろ」を松屋の定番、「牛めし」にトッピングしました。野菜の旨味がほどよく広がったとろろと、牛めしの相性は抜群です。

via 山形だしとろろ牛めし新発売!|松屋フーズ