大輔べ

登山・写真・チェンマイ・台湾が好きな「たしろだいすけ」のブログ

お財布にやさしく、オーソドックスな富士そばのかつ丼を食べた!

富士そばのかつ丼

たれかつ丼で火が付き、タルタルカツ丼で完全に燃え上がった「カツ丼熱」。消えてしまう前にどんどん食べなくては!ということで、富士そばのかつ丼を食べてきました!

「富士そばのかつ丼」とは

この値段でのご提供ですが、しっかりとした噛み応えがある正真正銘の一枚肉を使用しています。研究を重ねた特製ダレと玉子をかけてふんわり作るかつ丼は、「富士そば」の看板メニューのひとつです。もちろん、注文後に作る出来立て提供です。

via 味へのこだわり|名代 富士そば(ダイタングループ)

「富士そばのかつ丼」実食レビュー

正直注文直前までセットにするかどうか悩みましたが、「食べたいのはカツ丼だろ!」と言い聞かせ、かつ丼単品を注文しました。

富士そばのかつ丼

そして、待つこと数分、富士そばのかつ丼が目の前に!

かつ丼、そばのつゆの汁もの、そしてたくあん。できたてのかつ丼からはアツアツの湯気が!今まで食べたカツ丼弁当にはなかったこれはたまりません!

いただきまーす!

富士そばのかつ丼

まずはお肉チェックから。肉厚のお肉は食べ応え十分!歯で噛みきれる柔らかさです。

卵はしっかりと熱が通り、玉ねぎには割下が染み込んでいます。ご飯にもほどよく割下がかかっていました。

富士そばのかつ丼

さあチェックも完了しましたし、あとは七味をかけて、かっこむだけ!もちろん丼持ってです!

お肉をほおばり、そこへ続けてご飯!いやー、これで460円とは、大満足です!

う〜ん、富士そばのかつ丼はお財布にやさしく、オーソドックスなカツ丼でした!

ごちそうさまでした!