大輔べ

登山・写真・チェンマイ・台湾が好きな「たしろだいすけ」のブログ

ゆで太郎で「Wかつ丼」を食べた!その名の通りカツが2枚乗ってました

ゆで太郎のWかつ丼

ゆで太郎でカツが2枚乗っている「Wかつ丼」を食べました。

名前からかなりのボリュームが想像できるので、券売機で押す前はちょっと悩みましたが、食べたらまったく問題なしでした。ま、カツが2枚と言っても実質は…。

「Wかつ丼」実食レビュー

ゆで太郎のWかつ丼

「Wかつ丼」にはカツ丼以外に「たぬき汁」が付きます。この「たぬき汁」はその名の通りで、「たぬきそば」から「そば」が抜かれたものです。

ゆで太郎のWかつ丼

たぬき汁アップ。

ゆで太郎のWかつ丼

さて、メインのカツ丼へ。

4つに切られたカツが2枚重なっています。

ゆで太郎のWかつ丼

薄めの柔らかいカツは、富士そばと比べると半分以下くらいですね。

お財布にやさしく、オーソドックスな富士そばのかつ丼を食べた!

ここでWのパワーが発揮されます。そう!カツが二枚あることで、薄さをカバー!これで普通の量になるのです!ただ、二枚分の衣がちょっと重かった!

ということで、「Wかつ丼」とは言っても、実際には薄めのカツが二枚で普通の量になる、といった感じなのでした。

ゆで太郎のWかつ丼

味は普通でした。立ち食いそば屋さんのカツ丼ですし、この値段ですし、OKでしょう。ボリュームもOKでした。というか、これ以上を望んではいけないですね。

ごちそうさまでした!

あ、そうそう、「Wかつ丼」ではなく普通の「カツ丼」を探してみたのですが、見つかりませんでした(見落とし?)。「Wかつ丼」以外だと「ミニかつ丼(400円)」という商品があったのですが、そっちがカツ1枚の「カツ丼」になるのかな?