輪島と言えば「ふぐ」なんです。「輪島網元 とね」で「ふぐ天丼」を食べました

輪島網元 とねのふぐ天丼

ひさしぶりの輪島へ。定番のお店にも行きましたが、新規開拓も忘れずにしてきました。その1つが「輪島網元 とね」。白米千枚田と奥能登塩田村の中間くらいにある「ふぐ天丼」が食べられるお店です。

食堂ではなくカフェのような店内

輪島網元 とねの店内のようす

コンクリ打ちっぱなしの店内はおしゃれカフェのよう。全体的にゆったりとしているなと感じました

ロゴやお相撲さんのイラストなど、かわいい要素が店内の所々に描かれていました。

輪島網元 とねの店内
団体にも対応できそうな長テーブル

肉厚のふぐの天ぷらは食べごたえ充分

輪島網元 とねの能登丼(ふぐ天丼)
能登丼(ふぐ天丼)

今回食べたのはふぐ天丼の単品。他にお刺身がセットになったものがありましたが、お腹の空き具合で単品を選びました。

ふぐの天ぷらは全部で5〜6個盛られていたと思います。しっかりとした厚さがあり、ひとつひとつ食べごたえがありました。ただ、噛み切って食べようとすると、衣とタネが別れてしまうのでなるべく、頬張って食べました。

天丼だけでお腹いっぱいになりましたが、お刺身付きにしておけばよかったかなとちょっと後悔。

天丼以外には、刺身定食や魚フライ定食などがあります。新鮮な魚のフライもおいしそうですね。

ごちそうさまでした。

地図

Google マップで見る

輪島網元 とね
店内への入り口は、通りから中にはいったところにあります