大輔べ

登山・写真・チェンマイ・台湾が好きな「たしろだいすけ」のブログ

2015年のGW登山は日向大谷コースで両神山へ!標高差1000mにヘロヘロ…

両神山山頂標識

GWの登山は、夏山前のトレーニングとして、テント泊で雲取山が定番だったのですが、2014年は奥多摩小屋まででかなり辛い思いをしたので(体力不足で脚つったり+猛暑で昼寝できなかったり)、2015年は日帰りに変更!ということで、前から登りたかった「両神山」へいってきました!

登山日

2015年5月2日(土)

登山ルート&コースタイム

日向大谷コース

歩行時間:5時間45分(登り:3時間40分 下り:4時間 ※休憩時間含む)
両神山荘(5:40)→清滝小屋(7:30)→両神神社(8:30)→山頂(9:20)→清滝小屋(10:50)→両神山荘(13:20)

下りで、ランナーズニーが発症したため、かなり時間がかかりました。

登山記録

両神山荘看板犬ポンちゃん

両神山荘の看板犬「ポンちゃん」に見送られ、出発!

両神山荘看板犬ポンちゃん

登り始めてしばらくは、多少のアップダウンがありますが、ウォーミングアップにはぴったり!少しずつだらけていた体に、山歩きを思い出させました(途中、数カ所ですが、登山道が切れ落ちている箇所があり、慎重に通過しました)。

両神山の登山道

両神山の登山道

ですが、そんな余裕はすぐになくなり、ずっと続く上り坂に、清滝小屋に着く前にノックダウン寸前…。写真もほとんど撮りませんでした…。

清滝小屋

清滝小屋

清滝小屋に着き、中を見学。とても綺麗でした。ここで、布団を敷いて寝たら、どんなに幸せでしょう。そんな悪魔のささやきを遮り、目指すは頂上!

両神山の登山道

両神山の登山道

清滝小屋を出てしばらくすると、嫌な感じが。左足の付け根が痛くなってきました。休憩直後でしたので、体が温まってくれば治るだろうと思い、歩き続けましたが、改善の兆しはなし!以前ランナーズニーを発症したときと似ていたので、不安をかかえながら登りました。

両神山の登山道

そして、両神神社手前では、段差を越えるために高く上げた右足がつってしまい、下山も考えました。ですが、それ以降は、意外と痛みもなく、どうにか山頂に到着しました!(途中でカメラはザックにしまったので、写真なし!普段はカメラを首から下げているのですが、それをやめただけで、かなり楽に歩けました。どうやら結構、体には負担になっていたようです)

両神山山頂からの景色

さて、苦労して着いた両神山山頂からは、大パノラマ!

両神山山頂

山頂はかなり狭く、他にも多くの方がいたので、ゆっくりすることなく、下山開始。

そして、ここからが拷問の始まりでした!嫌な予感が的中し、右足にランナーズニーが発症!急な下りはかなりの負担で、どんどん痛みが増してきました。

清滝小屋までなんとか普通に歩いて降りられましたが、そこから先は、一歩歩くたびに右足に激痛!トレッキングポールを持ってこなかったことを後悔…。

最後の会所から両神山荘までの微妙なアップダウンなんて、思い出したくもない辛さでした!そんな状態でしたが、なんとか自力で無事下山。

両神山は、日頃のだらけた生活を反省する登山となりました。


山に登るときは地図を忘れずに!「両神山」は「山と高原地図25 雲取山・両神山」に収録されています。